幸福に至る行程

成功は行程
ウェイン・W・ダイアー博士は,45分間の黙想を通して同様の結論に達しました。自著,「自分で自分の糸を引く」の中で,ダイアーは次のように書いています。
「もうずいぶん前のことになるが,わたしの人生で最大の転換期となったのは,代用教員として,自習をしている生徒を監督して45分間を過ごしたときのことである。その部屋の後ろの掲示板に,『成功は行程であり,目的地ではない』と書いてあった。
「わたしは45分の間ずっと言葉を熟考し,その言葉を自分の心の奥底まで染み透らせた。実のところその日まで,わたしは人生を,目的と結果の連続と見ていた。卒業,卒業証書,学位,結婚,子供の誕生,昇進,その他類似の出来事はいずれも目的地であり,わたしは停留所から停留所へと進んでいた。
「わたしはその場で,その部屋で,これからは目的地に達したことを基準にして幸福を測るのをやめ,自分の人生全体はやむことのない行程で,その一刻一刻は自分が楽しむためにあるのだ,とみなすことを心に誓った。自習時間を監督するその貴重な割当のおかげで,わたしは人生で最も大切な教訓の一つを学んだ。すなわち,事の大小を問わず,途中で成し遂げた事柄で自分の人生を評価してはいけないということである。そうした事柄で人生を評価するなら,絶えず別の目的を追い求め,実際に満足することを決して自分に許さず,欲求不満に陥ることは必至である。何を成し遂げても,次に成し遂げる事をすぐに計画して,自分がどれほど成功し,どれほど幸福であるかを測定する基準を手にしていられるようにしなければならない。
「むしろ,目を覚まし,自分の進む道筋で出会うすべてのものに感謝することだ。あなたの楽しみのためにそこにある花をめで,日の出やかわいらしい子供,笑い声,雨,小鳥などに目をとめるとよい。いつまでたっても将来にある,気をゆるめてもよい時まで待つのではなく,すべてを味わい尽くすのである。確かに,成功は―そして人生そのものも―一度に一つずつ,物事を楽しむための一刻一刻の積み重ね以外の何物でもないのである。この原則を理解すると,成し遂げた事柄を基準にして自分の幸福を評価しなくなり,人生の全行程が幸福を与えるものであるとみなすようになる。つまり,かいつまんで言えば,幸福へ至る道はない,なぜなら幸福こそ道であるからだ」。
f:id:tadasukun:20160330083406j:image

香りと癒し

香り 脳に作用してリラックス効果をもたらし、気分を落着かせ、安定させますね!アロマセラピーがあるくらいですので、香りは癒し効果があります。ちなみに皆さんはコーヒーはお好きですか?コーヒーの香りもリラックス効果があり、コーヒーの成分には薬理作用がありますね!香りで癒され、飲んで健康維持いいですね!身近なアロマとコーヒーのチョイスで生活に潤いを与ええるのはいかかでしょうか?

f:id:tadasukun:20131130200714j:plain

不安の子 旅の途中で

神よ,わたしを救ってください。水がわたしの魂*にまで迫って来たからです+。
 2 わたしは深い泥の中に沈んでしまいました。そこには立つ場所もありません+。
わたしは底の深い水にはまり込み,
水流*がわたしを流し去りました+。
 3 わたしは呼ばわり続けたために疲れ+,
わたしののどはかれ,
わたしの目はわたしの神をひたすら待ち望んで衰えました
    
 パニックの洪水が自由の子を不安の子に変える  一瞬のうちに、、
とてつもない不安の波によって流されて行く、、その果ては暗黒の死の世界へと続いている
もがけばもがくほど悪魔は襲ってくる  パニックという狂気を携えて、、
疲れ、へとへととなって、力を奪われ眠りに就く

今までどれくらいこうした事を経験しただろう、今は昔の幻想のように
旅の途中でf:id:tadasukun:20151016084833p:image

不安の子 旅の途中で

私は苦難の中から神に向かって叫びようになり、神は圧迫の中から私を連れ出された
   パニックの渦の只中で不安の子はただ助けを繰り返し叫び続ける。それはもはや呪文のように、、
そう不安の渦の中に沈まない為に岸まで乗りあげるまで叫び続ける   やがて渦は嘘のように消えて 何も無かったように立ち去る  パニックという友達は突然やっ来て暴れて又訪問する。でも実はその子は自分の中の暴れん坊であった事を以前は知る由もなかった    旅の途中でf:id:tadasukun:20151009085013g:image

不安の子 旅の途中で

 神よ,わたしを救ってください。水がわたしの魂 にまで迫って来たからです 。  2 わたしは深い泥の中に沈んでしまいました。そこには立つ場所もありません 。 わたしは底の深い水にはまり込み, 水流 がわたしを流し去りました 。  3 わたしは呼ばわり続けたために疲れ , わたしののどはかれ, わたしの目はわたしの神をひたすら待ち望んで衰えました 。
    自由の子は突然襲いかかってくるパニックの水流に流されて不安の子に、、、
神を呼ばわり続けてエネルギーも枯れて深い眠りへと入り込んだ、、
自由の子の人生においてこんなシーンが、、どれほどあっただろう、
     その回数分平穏な時間をたっぷりと与えてあげないと、、、、、f:id:tadasukun:20151002091116j:image

不安の子の旅の途中で

恐れが、そうです、おののきが私に入り身震いが私を覆います   死の恐れが私に降りかかります

不安の子は極度の不安に襲われちじこまっています。この時間が永遠に続くような何処にも逃れ場がないかのように、、
やがて戦い終えた不安の子は自由の子となってこう言います。ああ  鳩のように翼があったなら私は飛んで行き不安のない世界に住むであろうに、、
不安の子は何度こうした事を経験したのでしょう!
     神よ!私にお与えください!平安を!自由の子は叫びます。永遠に続く平安を求めて不安の子の旅は続くのです。f:id:tadasukun:20150921083726p:image

旅の途中

大人としての役割を担って行くにはエネルギーが要ります。何か試練や大きなストレスがかかると自分のインナーチャイルドの成長を知る事ができます。逃避しますか?向き合いませんか?受け入れますか?立ち向かいますか?正直に反応を確かめると成長の度合いが分かりますね。いつでも愛ある力を必要としていますね。こうして統合して行き大人へと成長を遂げるのでしょう!f:id:tadasukun:20150826123014g:image